お客さんとの付き合い方

今日のお客さんは少し変わっている方でした。無口で何を考えているのか一見わからない方なのですが、手をつないで眠って欲しい、横になっている時に手でトントンとして欲しい、膝枕して欲しい、服を脱がせて欲しい、耳掃除して欲しいなど母性を求めているようなリクエストが多く、おっぱいを吸わせてあげたり赤ちゃん言葉で話したりといわゆる赤ちゃんプレイをしました。今の言葉で言うと「バブみ」というニュアンスも近いかもしれません。プレイが進むにつれお客さんの赤ちゃんっぷりのレベルが高くなっていき、私も完全に赤ちゃんに接するような態度を心がけました。とは言ってもしっかりと出すものは出さなければいけないので、赤ちゃんプレイを満喫してそそり立っている元気になっているソコを刺激していきました。最後の最後手を振るまで赤ちゃん言葉に徹してあげました。プレイ終了で素に戻るのもお互い恥ずかしいと思うので…。次もしこのお客さんに指名をいただけたら、ちゃんと最初から赤ちゃんプレイで入るようにしないとと、メモしておきました。

実はお客さんの特徴をまとめているノートを作っていて、何人も相手にしているとどうゆうお客さんだったか忘れてしまうので、簡単にですが特徴を書いています。リピーターとして指名料を払って誘ってくれたのに完全に忘れていたらお客さんの寂しいと思うし、次また指名しようと思ってくれないかもしれないので、地味に重要かと思います。岩手のお客さんなのか、出張のお客さんなのか等、何年も前のお客さんだとお客さん自身も以前呼んでくれたことを忘れてしまっている時があります。店舗の方でも記録を取っていますが、ちゃんと自分でも記録を取っていれば確実になります。ということでいろいろと重要なので頑張って記録にとっています。今回の赤ちゃんプレイのお客さんのような他の人にはなかなか言えないような恥ずかしいリクエストも最初からこちらで気持ちを汲んであげていれば、かなり好印象に映ることと思います。そういった痒いところに手がとどく気の利く女の子はお客さんのお気に入りになり、他の子に移られる可能性が低くなります。「新人」「業界初」は強いですがそれ以上の強みを長く務めてる女の子が持てるとしたらこういったところかと思います。プレイ中の女の子は決して「彼女」や「妻」ではありませんが、プレイ中は甘い空間を演出し非現実の世界へお客さんへ夢を与えなければいけません。決して安い金額ではないので、それに見合った仕事で返してあげなくてはいけないので、体力的にも精神的にも大変な仕事ですが、頑張っています。クセの強いお客さんは確かに多いですが、努力が目に見えてお客さんの反応から返ってくるととても嬉しくなります。お金で繋がっている関係といえばそうですが、一対一の人間関係で繋がっている仕事なので、やはり心のある対応は必要不可欠になります。ストーカーや必要に交際を迫られるとかではなく、一お客さんと一デリヘル嬢として、心と心が繋がれた時それはとても強いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です