変わったお客さん

デリヘルのお客さんでまたまた変わったお客さんに出会いました。ものすごくドMなお客さんで踏んでほしいとか、顔面騎乗という今回初めて知ったのですがお客さんの顔の上にまたを乗せる感じで座るプレイをしたり、お尻を叩いたり、乳首をつねったりしました。どこまで痛くしたらいいのか分からなくて戸惑いましたが、お客さんが「もっと!もっと!」というので、どんどん力を入れていきました。本当に大丈夫か気になりましたが、アソコはギンギンになっていたので、「感じてるみたいだし大丈夫そう…。」と一つの指標にしていました。そのままフェラしながら絶頂まで誘い無事にフィニッシュしました。早めに一回戦を終えたので、二回戦に突入しました。「言葉責めもお願い!」と言われたのですが、どんなことを言えばいいのか全く分からずあたふたしていましたが、「とりあえず怒られてもいいから悪口いっぱい言おう!」と開き直り、「こんなことして感じてるなんて気持ち悪いんだよ…!」「こんな醜態さらけ出してアソコこんなに硬くして、頭おかしいんじゃないの?!」「何?!叩かれるのが気持ちいとかど変態野郎じゃん!」とそれらしいと言葉を絞り出し、頑張りました。私のたどたどしい言葉攻めでもお客さんは感じてくれているみたいで、二回戦も素股でテンポよくフィニッシュを迎えました。お客さんのお尻やいろんなところが赤くなっていましたが、満足してもらえたようで「また呼ぶね!」と社交辞令かもしれませんが言ってくれました。

なんだか慣れないことをして疲れてしまいましたが、ありがたいことに次も予約が入っていたので気合を入れて向かいました。次の人は30代の若い人でした。さっきの人とは逆にその人はS気があるらしく、「こんなんで感じてるなんてキミ変態だね。」とか「して欲しかったらおねだりして。」とか言われて、正直いつもこんなプレイしてるので完全に演技をしている私は、内心「違うんだけどな〜。」と思いながら頑張って演技しました。ローションを仕込んでおいて本当に良かったです。無事そのお客さんもフィニッシュを迎え時間が来て終了になりました。今日はこの二人のお客さんをお相手して帰宅しました。今回の言葉責めに困ったので、家に帰ってから動画でSMプレイを観てみました。言葉のボキャブラリーがなかったので勉強になりました。次回からもうちょっとすんなり頑張れそうです。私は正直SでもMでもないので自分自身がそうゆう素質があればその人たちの気持ちがわかるのかもしれませんが、いかんせん未知の世界の話なのでこうやって勉強しないと気持ちを汲み取れない感じです。世の中にはいろんな性癖がありますが、岩手にはあまりありませんがスカトロやハードなSMは許容範囲外です。いくらお金を積まれてもNGにしています。何に興奮できるのか本当に謎です。一度どうゆうものか調べてみてみたのですが途中で視聴を断念するほど理解に苦しむものでした。できる範囲のことで頑張りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です